歴史と代表者

chapel480

 

歴史

浦和キリスト集会は、1965年に大谷文三宣教師夫妻によって、イエス・キリストの十字架の愛と救いを宣べ伝えることを目的に、さいたま市南区(旧浦和市田島)に設立されました。

1985年5月にさいたま市南区辻に移転し、チャペルを建設して現在に至っています。

 

長老(責任者)

一般的な教会では、1名の牧師が責任者として教会を運営することが多いのですが、私たち集会(プリマス・ブレザレン)では牧師という言葉は使いません。

その代わり、複数の長老達が責任者として牧会と伝道の役割を担い、集会を運営しています。

 

現在、以下の3名が長老達です。

  • 天野洋行(あまの ひろゆき)
  • 宍戸富巳男(ししど とみお)
  • 小池正(こいけ ただし)

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ